過去の記事一覧

  1. 6

    グローバル情勢

    気になるドイツのポピュリズム政党をめぐる最近の政情から:『ポピュリズムとは何か』から(9)

    トランプ政治を最新の象徴的事例ともする、グローバル化した「ポピュリズム」を考えてみたいと思い、昨年12月に刊行されたベストセラー『ポピュリズムとは何…

  2. 1

    グローバル情勢

    デモクラシー先進国、西ヨーロッパのポピュリズムを俯瞰する:『ポピュリズムとは何か』から(8)

    未だにトランプ政権中枢スタッフが、相次ぐ指名辞退もあって決まらず、就任後100日間 というキーワードと共に、スタート時の政治に大きな関心が払われているの…

  3. %e3%82%a8%e3%83%8d%ef%bc%91

    エネルギー問題

    「仮想発電所」システム化で再生可能エネルギー社会現実化へ

    最近、またまた書いた、エネルギー・電力行政のミスについてのブログ。◆脱原発を超えたエネルギー戦略構築の政治・行政は不可能か:新しい政治リーダー登場期待は? …

  4. 11

    エネルギー問題

    エネルギー・環境問題へのアプローチは多様。電力行政ミスを乗り越える民間パワーに期待

    前回、前々回と、口癖になってしまった、エネルギー・電力行政のミスを、以下のブログでまたまた書いてしまいました。◆脱原発を超えたエネルギー戦略構築の政治・…

  5. b1ebb128d5622dd0d798e999888a30b1_s

    エネルギー問題

    脱原発を超えたエネルギー戦略構築の政治・行政は不可能か:新しい政治リーダー登場期待は?

    現在のみならず、ずっと将来にまで社会に重大な影響をもたらす環境・エネルギー問題。原発問題のみに眼が行きがちですが、より広く、複眼的な視点で、この問題を認識し…

  6. 1

    エネルギー問題

    「風力よ、お前もか」。電力行政の矛盾と混迷の長期化で増す、国民と新規事業者の負担と損失

    現在のみならず、ずっと将来にまで社会に重大な影響をもたらす環境・エネルギー問題。原発問題のみに眼が行きがちですが、より広く、複眼的な視点で、この問題を認識し…

  7. 12

    いじめ

    いじめで最悪を想定しない、自らのいじめの自覚もない教育現場の鈍感さと怠慢:「いじめのない社会」実現を…

    児童・学生によるいじめではなく、教師のいじめが原因、と大きく取り上げられている愛知県一宮市立浅井中学校3年生の男子生徒の自殺をめぐる報道。ここ10日間ほ…

  8. 4

    いじめ

    「いじめ防止対策推進法」に頼る大人社会の矛盾:「いじめのない社会」実現を考える(11)

    震災被災で、やむなく避難・疎開した他地域の学校でいじめを受ける。そのことで自殺にまで至ってしまうという悲しい出来事。本来気遣ってあげるのが普通と思うので…

  9. 8fc6fc6eeb936ce8d308993122b1f808_s

    政治・社会経済

    起業が当たり前の国・社会へ。そのための義務教育課程での起業教育:2016年版中小企業白書・小規模企業…

    2017/2/18付日経の、2017年版中小企業白書・小規模企業白書の骨子を報じた記事から、前回◆悲しい「起業に無関心」が72%と高い現実:2017年版…

  10. 6

    政治

    悲しい「起業に無関心」が72%と高い現実:2017年版中小企業白書・小規模企業白書速報から

    2017/2/18付日経に、少々残念なレポートが載りました。まだ速報レベルなので、詳細を調べて考えるということができないのですが、以下紹介します。-…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 高岡山車

    地方・観光

    日本遺産(3) 高岡市(富山県):「加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡…
  2. 崇城大学

    地方・観光

    地方大学に増える起業家育成基盤:熊本・崇城大学の部活「起業部」を起業学部や復興研…
  3. Lexus

    水素エネルギー

    レクサス、ミライ生産工場の水素活用化でCO2削減:水素社会実現へ、トヨタが果たす…
  4. 947bb9d5529aac0d89f14ab2d2e969a0_s

    地方・観光

    岡崎市議選投票結果で考える地方市議会・地方自治の今後:『地方議員の逆襲』から(1…
  5. 0-01

    日記・随論

    シャーマン国務次官演説:(中韓の行動)理解できるが、イライラさせる unders…
PAGE TOP